「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11/8 サカツラガンなど

11/8。

県内にサカツラガンが飛来したとの話を聞いて、見に行ってきました。


行ってしばらくすると、見つかりました。

サカツラガン1
(Swan Goose)


マガンではなく、コハクチョウの群れに混じってました・・・

サカツラガン2


コハクチョウには、食事の邪魔だと言われていたようですが(汗

サカツラガン3


なかなか県内で見る機会は少ないので、見られるときにはしっかり見ておきたい鳥。

サカツラガン4


あちこち移動しながらも、2月まで見ることができた個体です。

160409サカツラガン5


また来シーズンも・・・来てくれませんよね(汗

160409サカツラガン6



あと、今日はカモの勉強をを少し。


ハシビロガモ。

ハシビロガモ1
(Northern Shoveler)

雄juvと思われる。 三列の羽縁から判断。虹彩もやや暗色。


こちらもハシビロガモ・・・

ハシビロガモ2

雌non-brと思われる。嘴の黒斑、脇羽の丸みからadと判断。

胸の班はadでもこんな感じなんでしょうかね・・・


お次はヒドリガモ。

ヒドリガモ1
(Eurasian Wigeon)

雄ec→brと思われる個体。

僅かに見える雨覆の色から、juv→1brではなさそう。

ヒドリの成幼は肩羽の羽縁も参考になる気がする。


ヒドリをもう1個体。

ヒドリガモ3

雌non-brと思われる個体。

juvに特徴的な胸の小班は見られない。雨覆の羽縁も目立つ。


最後に・・・ヒドリ×アメヒ。

ヒドリガモ×アメリカヒドリ
(Eurasian Wigeon × American Wigeon)

雄、ec→br?

雨覆を見せてほしかった・・・

| 野鳥 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/829-6dd46e0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT