「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12/26-1/1 Birding in Vietnam 01

昨冬の年末年始は、知人に誘われてベトナム北部のTamDaoとCucPhuongで探鳥の予定でした。

が・・・直前(出発の2日くらい前だったか)の夜、企画者から突然の電話。


「現地のガイドの話だと、ここしばらく雨ばかりで、ツアー中の予報もすこぶる悪い。」

「鳥見もできないような状態だから、場所を変更して、ベトナム中部での探鳥にしないかと、ガイドから提案があった。」

・・・当然、出発直前の予定変更に、一瞬、私は混乱します(汗

でもまぁ、悪天候でまともな探鳥をできないよりは、多少の追加コストを支払って場所を変えた方が良いのは懸命。

ということで、即答でOK。

その夜はほぼ徹夜でベトナム中部の鳥とその声の予習・・・(汗


そして、ベトナム中部に行く気満々で過ごしていた翌日の昼。

仕事の昼休みに、企画者からメールが届きます。

「狙いの鳥がTamDaoに現れたらしいので、とりあえず当初計画通りベトナム北部に突っ込みます!」

あれ、天候が心配だけど・・・まぁいっか。

昨日の徹夜の予習は一体・・・(汗

ということで、現地の天候次第では現地での計画変更もあり得る、という中で出発することになりました。


私は現地合流の2人より1日早く現地入りすることになっていたのですが、初日の12/26は予想通りの雨。

そして濃霧と風。予報通りの悪天候に悩まされます。

160704濃霧

こんな状況では、さすがに鳥見できず・・・

見れた鳥は、ほんの少しだけ。


Rufecent Prinia。

160704Rufecent Prinia(チャイロハウチワドリ)01
(チャイロハウチワドリ)


Red-billed Blue Magpie。

160704Red-billed Blue-magpie(サンジャク)01
(サンジャク)

台湾のヤマムスメそっくり。

そして逆光・・・


夕方の撤収直前に見られた・・・

Fujian Niltava。

160704Fujian Niltava(フーキェンアオヒタキ)02
(フーキェンアオヒタキ)


悪天候でほとんど鳥見できなかった初日、この鳥に救われた気分に。

図鑑写真も。

160704Fujian Niltava(フーキェンアオヒタキ)01

美しい鳥です。

名の“Fujian”、「フーキェン」は、中国の福建省を指します。

主に中国南部で繁殖し、ベトナム~ラオス周辺で越冬する本種。

分布が比較的限られており、ベトナムでもUncommonなため、自力発見で見られたのは嬉しかった。


しかし結局、初日の観察種数は・・・

移動中に車窓から見たものを含めても、わずか18種。


それでも翌日は、期間中で最も天気が良さそうだとガイドに言われている日。

夜には今回のツアーメンバーが全員揃い、作戦会議。

明日は狙いの鳥に集中すること、そしてその後の予定はその成果次第で決めようと言うこと。


ほとんど成果のないまま、初日を終えたのでした。

| 野鳥 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/839-eb5c5130

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT