「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1/9-10 十勝~日高地方

1/8の夜は、久々の帯広泊に耐えきれず、豚丼の食べられる店へ。

そこで大盛り豚丼と日本酒ですっかり良い気分になって爆睡・・・


で、1/9。

朝は知人と一緒に、ぶらぶらと近場を散策・・・


アカゲラ。

160807アカゲラ
(Great-spotted Wooepecker)

もう少し画角を考えるべきだった・・・(汗


地面で餌探しするゴジュウカラ。

160807ゴジュウカラ1
(Eurasian Nutshatch)


シマエナガの小群も通過。

160807シマエナガ2
(Long-tailed Tit)


いつも通り、良い写真を撮らせてくれないまま、すぐに群れはいなくなりましたが・・・(汗

160807シマエナガ1


その後、十勝の海岸へ。

前日に同行した友人たちと合流して、漁港で探鳥。

アカエリカイツブリ。

160807アカエリカイツブリ
(Red-necked Grebe)


特筆種は、あえていうなら・・・

ハシブトウミガラス。

160807ハシブトウミガラス3
(Thick-billed Murre)


写真を見ても分かるように、この日は発達した低気圧の影響で、海岸沿いは非常に風が強く・・・

漁港内にも関わらず、かなり波立っていました。

160807ハシブトウミガラス2


おかげで何だか、荒れた日の外海の様な写真に(汗

160807ハシブトウミガラス1


この日は、8年前に住んでいた静内の宿へ。

寮と民宿を兼ねたような宿のため、昔お世話になった管理人さんとも話ができました。

懐かしい時間。


そして翌日の1/10。

昼過ぎの便で帰る予定のため、この日は午前だけの活動。

静内に住んでいた頃に何度も訪れた、静内川へ。



ちょっと違和感のある換羽状態のオナガガモ。

160807オナガガモ1
(Northern Pintail)

雄J→1w換羽中の個体でしょうか。


カワイイ顔をしたシロカモメ1w。

160807シロカモメ1
(Glaucous Gull)

亜種barrovianusでしょうか。

嘴は小さく、初列の突出も大きく見えます。


同一個体。

160807シロカモメ2

このまま飛び去りました・・・


静内から移動して、ガンの群れを探します。

狙いはこの鳥でした・・・

160807ハイイロガン
(Greylag Goose)

一羽だけ大きさが違って見えますね^^;

ハイイロガン。

日高地方には毎年、少数のガン類が越冬しています。

マガンが多く、ヒシクイが混じる程度のことが多いのですが、今冬はハイイロガンとシジュウカラガンも越冬したようです。


今回は多くの方々とお会いでき、美味しい食べ物も堪能できて・・・良い旅になりました。

旅先でお世話になった皆さん、ありがとうございました!



旅のFNを記しておきます。

FN(2016.1.8-10 道東(鵡川~札幌周辺~帯広~十勝~日高)

ヒシクイ、ハイイロガン、マガン、シジュウカラガン、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、コケワタガモ、ケワタガモ、シノリガモ、クロガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、ハジロカイツブリ、アビ、ヒメウ、ウミウ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、ハシブトウミガラス、トビ、オジロワシ、オオワシ、ハイタカ、ノスリ、フクロウ、コゲラ、アカゲラ、チョウゲンボウ、カケス、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、ギンザンマシコ 計58種

| 野鳥 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/853-03589365

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT