「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3/5-7 Birding in Cat Tien 03

Pittaを2種見られたハイド。

その他にも何種かの鳥たちが姿を見せてくれます。


Tickell's Blue Flycatcher。

160913Tickells Blue Flycatcher(ノドアカヒメアオヒタキ)01
(ノドアカヒメアオヒタキ)

この類の喉は赤い種が多いと思うけど、この和名は・・・(汗


背面も。

160913Tickells Blue Flycatcher(ノドアカヒメアオヒタキ)02

尾羽が長いですね・・・


お次は地味な・・・Abbott's Babbler。

160913Abbotts Babbler(ハシブトムジチメドリ)01
(ハシブトムジチメドリ)


日本でもお馴染み、Siberian Blue Robin。

160913Siberian Blue Robin(コルリ)02
(コルリ)

雌しか現れませんでしたけど。


美しい容姿のWhite-rumped Shama。

160913White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)01
(アカハラシキチョウ)


東南アジアの低地では普通種で、愛想が良い個体が多いのですが・・・

160913White-rumped Shama(アカハラシキチョウ)02

こういう鳥は何度も撮ってしまいます。。


そして、最後は・・・Scaly-breasted Partridge。

160913Scaly-breasted Partridge(アオアシミヤマテッケイ)01
(アオアシミヤマテッケイ)

ハイドから、奧の方の藪でウロウロしているのを何度か見ていたのですが、夕方遅くなって藪から出てきて目の前に!


暗くなっていたので・・・

160913Scaly-breasted Partridge(アオアシミヤマテッケイ)03

こんな写真に(汗


最後は図鑑写真を。

160913Scaly-breasted Partridge(アオアシミヤマテッケイ)02

シャイな鳥なので、こんな写真を撮れたのはハイドのお陰でしょうね。

Cat Tienではそれほど見やすい鳥でも無いようなので、幸運でした。




今日のオマケ・・・

Tickell's Blue Flycatcherの動画。

| 野鳥 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/865-517b8f98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT