「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3/13 舳倉島

3/13。

今年もそろそろ・・・と、舳倉島へ。

160923ウミネコ繁殖地
(Black-tailed Gull)

七ツ島大島のウミネコ繁殖地。

無数のウミネコの姿が見えます。


島では・・・

160923ホオジロハクセキレイ1
(White Wagtail)

ホオジロハクセキレイ。


近くまで来てくれました。

ホオジロハクセキレイ2


開き始めた菜の花と一緒に・・・

ホオジロハクセキレイ3


さすがに3月中旬では鳥は少なく・・・冬鳥の姿がちらほらと見られるだけ。

イスカ。

160923イスカ
(Common Crossbill)

雄が一羽だけ。


アカゲラの姿も。

160923アカゲラ
(Great Spotted Woodpecker)


あとは、警戒心が薄めのシメ。

160923シメ1
(Hawfinch)

金網の隙間から地面の様子を伺って・・・


地面に下りて採餌。

160923シメ2


振り向いたところを・・・

160923シメ3

しかし、シメの初列風切って魅力的です。


あとは、帰りの航路。

この時期の狙いは・・・この鳥。

160923カンムリウミスズメ
(Japanese Murrelet)

カンムリウミスズメ!

幸運にも、船の近くに浮かぶ2羽を確認できました。

今年も繁殖に来てくれてるんですね・・・

毎年、この鳥との出会いが楽しみです。


そしてこの日は、輪島港に帰ってきてからもう1種。

160923オオハム1
(Black-throated Loon)

オオハム。


県内の港内で見る機会はあまり多くありません。

160923オオハム3


しかし、こういう個体には問題があることが多く、それはこの個体も例外ではありませんでした・・・

160923オオハム2

分かるでしょうか?

首から腹にかけて、ロープが引っかかっています。

どうやらこれが邪魔で、気になって仕方がない様子。

しかし、ネックレスの様にすっぽりとハマっていて、なかなか取れそうにありません。

絡みついているわけではなさそうなのですが・・・

無事に渡れたのか、ちょっと心配です。



※追記

このオオハムですが、つい先日、知人から

「この2週間後くらいに保護し、ロープを取り外してその日のうちに無事放鳥した」

との話を聞きました。

少し遅れても、渡りを続けられたようで良かったです。




FN(2016.3.13 舳倉島)
マガモ、カルガモ、オナガガモ、オオハム、シロエリオオハム、オオミズナギドリ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミスズメ、カンムリウミスズメ、ウトウ、トビ、アカゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、メジロ、ミソサザイ、ツグミ、ハクセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、イスカ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、ミヤマホオジロ 計34種

| 野鳥 | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/872-76ec389a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT