「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in North East India 10

今日もMishimiの鳥の続き。

あと何回くらい続くんだろうか(汗


今日は・・・Himalayan Cutiaから。

170127Himalayan Cutia(セアカチメドリ)01
(セアカチメドリ)

これは雌。

年末年始のダラットでもハズしていた(Vietnamese Cutiaですが)こともあり、私にとってはターゲットの1種。


こちらは雄。

170127Himalayan Cutia(セアカチメドリ)02

雌雄で背の色が全く異なります。


見た目の印象は・・・でかいゴジュウカラ(汗

170127Himalayan Cutia(セアカチメドリ)03

しかし魅力的な鳥です。


次は、Blue-winged Minla。

170127Blue-winged Minla(ルリハコバシチメドリ)01
(ルリハコバシチメドリ)

こちらは年末年始のダラットで見ていたのですが、あちらのは"Black-winged Minla"とも呼ばれるダラットの固有亜種。

このタイプは今回が初めてです。(翼がほとんど写ってませんが・・・)


Bar-throated Minla(Siva)。

170127Bar-throated Siva(ノドジマコバシチメドリ)01
(ノドジマコバシチメドリ)

観察していると、黄色い羽衣が非常に目立つ鳥です。


バードウェーブに混じるのですが、なかなか抜けたところで撮らせてもらえず・・・(汗

170127Bar-throated Siva(ノドジマコバシチメドリ)02


次はShrike-babbler。

White-browed Shrike-babbler。

170127White-browed Shrike-babbler(アカバネモズチメドリ)01
(アカバネモズチメドリ)


何となくCutiaにも似た姿で、見られたらいいな・・・と思っていました。

170127White-browed Shrike-babbler(アカバネモズチメドリ)02


数はさほど多くないようですが、中標高域ではたまにバードウェーブに混じる感じ。

170127White-browed Shrike-babbler(アカバネモズチメドリ)03

いい鳥です。


次も見たいと思っていた鳥のひとつ、Black-eared Shrike-babbler。

170127Black-eared Shrike-babbler(クリノドモズチメドリ)01
(クリノドモズチメドリ)


この種もバードウェーブに混じります。

170127Black-eared Shrike-babbler(クリノドモズチメドリ)03


メジロのような、カラ類の様な・・・でも派手な鳥。

170127Black-eared Shrike-babbler(クリノドモズチメドリ)04

Shrike-babblerも魅力的な鳥が多いですね。


さて、次回は今回と近縁なFulvettaなどをご紹介していく予定です。

| 野鳥 | 21:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

カラフルな鳥をたくさんありがとうございます。やっぱりCutiaが見られるとうれしいですよね。

| indoburung11 | 2017/01/28 00:59 | URL |

>indoburung11さん
Cutiaはベトナムのダラットでハズしていたので、どうしても見たい鳥でした。
もう少し好条件で撮影したかったので、また見に行きたいです・・・(汗

| Tommy | 2017/02/01 00:03 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/896-d0d00789

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT