「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in North East India 11

今日は前回の予告どおり、Fulvettaから。


まずは、Yellow-throated Fulvetta。

170128Yellow-throated Fulvetta(キノドチメドリ)01
(キノドチメドリ)


「え、これムシクイじゃん・・・」なんて言わないでください(汗

私もパッと見はそう感じましたが。。

170128Yellow-throated Fulvetta(キノドチメドリ)02

どうしてこんなムシクイ似の姿になったのか、気になります。


写真を見て分かるように、藪から出てこなくて撮影は苦労しました。

170128Yellow-throated Fulvetta(キノドチメドリ)03

思い返せば、この鳥もこのワンチャンスのみ。


Rufous-winged Fulvetta。

170128Rufous-winged Fulvetta(クリボウシチメドリ)01
(クリボウシチメドリ)

高標高域でバードウェーブに混じるのを何度か見かけましたが、あまり撮影できず・・・

この鳥は年末のダラットでも見ていますが、その時よりはマシでしょうか^^;


Brown-throated Fulvetta。

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)01
(チャノドチメドリ)

インド北東部とその周辺のヒマラヤ圏にのみ生息しています。


そして、やや地味ですがカワイイんです・・・

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)02


正面向きでの囀り。

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)04


数羽がしばらく愛想良くしてくれて・・・

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)05


ゆっくり観察できました。

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)06


こちらは巣材集めでしょうか?苔を運んでいます。

170128Brown-throated Fulvetta(チャノドチメドリ)08


次も分布が広くない、Manipur Fulvetta。

170128Manipur Fulvetta01

ベトナム北部〜インド北東部の山地帯に生息していて、Mishimiは分布のほぼ西限だと思われます。

以前はStreak-throated Fulvettaとして扱われていたのですが、近年Splitしたようですね。


Fulvettaも素早くて、撮影がなかなか難しい・・・

170128Manipur Fulvetta02


今日は、あとSibiaを2種。

Long-tailed Sibia。

170128Long-tailed Sibia(オナガウタイチメドリ)01
(オナガウタイチメドリ)

標高が低めの場所のバードウェーブに混じるのを何度か見かけました。


数は多そうですね。

170128Long-tailed Sibia(オナガウタイチメドリ)02


Beautiful Sibia。

170128Beautiful Sibia(ミミグロチメドリ)01
(ミミグロチメドリ)

英名のBeautiful、この翼の渋い美しさを捉えているんでしょうね。


和名はミミグロですが・・・(汗

170128Beautiful Sibia(ミミグロチメドリ)02

"Beautiful"とか"Spurb"とか、魅力的な名の付く鳥は見たくなっちゃいます。

こちらは高〜中標高域のバードウェーブでは割と普通に見かけました。

| 野鳥 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/897-566d3215

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT