「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in North East India 15

前回の予告どおり、Mishimiの鳥たちは今日で最後。

ちょっと詰め込むので、枚数がやや多いですがご容赦ください。


Flowerpeckerは1種だけ。

Fire-breasted Flowerpecker。

170209Flame-breasted Flowerpecker(ハナドリ)01
(ハナドリ)

中標高域のバードウェーブに混じることが多く、何度も見られました。

動きは素早く、写真がほとんど撮れてませんが・・・(汗

台湾でも見ているように、広域分布種です。


お次はSunbird。

Green-tailed Sunbird。

170209Green-tailed Sunbird(ミドリオタイヨウチョウ)02
(ミドリオタイヨウチョウ)

バードウェーブに良く混じり、ごく普通に観察できました。


中には愛想のいい個体もいて、ゆっくり撮影。

正面顔。

170209Green-tailed Sunbird(ミドリオタイヨウチョウ)03

嘴も開けてますね・・・(汗


背面も。

170209Green-tailed Sunbird(ミドリオタイヨウチョウ)04


図鑑写真も。

170209Green-tailed Sunbird(ミドリオタイヨウチョウ)05


雌の写真も1枚だけですが・・・

170209Green-tailed Sunbird(ミドリオタイヨウチョウ)01

Sunbirdの雌の識別、なかなか難しいです。


Sunbirdをもう1種、Black-throated Sunbird。

170209Black-throated Sunbird(ムナグロタイヨウチョウ)02
(ムナグロタイヨウチョウ)

Green-tailedよりは観察数が少なかったものの、中標高域では普通種でした。


しかし、写真を撮るのが難しく、撮れた枚数はごくわずか・・・(汗

170209Black-throated Sunbird(ムナグロタイヨウチョウ)03


こちらも雌の写真を1枚。

170209Black-throated Sunbird(ムナグロタイヨウチョウ)01


Pipitは種不明ですが1個体の写真を。

ガイドはRichard's Pipitと言っていましたが、何となく納得できていません。

170209Richards Pipit(マミジロタヒバリ)?01
(マミジロタヒバリ?)


中標高域の道の脇の草地でこの1羽を見かけただけでした。

170209Richards Pipit(マミジロタヒバリ)?02

Paddyfieldと言われてもそう思ってしまいます。 やはりPipitは難しい・・・

あと、Olive-backed Pipit(ビンズイ)も見かけたのですが、撮影はできず。


残るはFinch。

Dark-breasted Rosefinch。

170209Dark-breasted Rosefinch(クリムネアカマシコ)01
(クリムネアカマシコ)


Finchの中で最も普通に見られたのは本種でした。

170209Dark-breasted Rosefinch(クリムネアカマシコ)02

高標高域はもちろんですが、中標高域でも見られました。


それほど愛想が悪いわけでもないのですが、あまり良い写真が撮れなかったのは心残り・・・

170209Dark-breasted Rosefinch(クリムネアカマシコ)03


Dark-rumped Rosefinch。

170209Dark-rumped Rosefinch(チャゴシマシコ)01
(チャゴシマシコ)

Dark-breastedに似てますが、全体的に色が淡く、翼帯や軸斑が目立って見えます。


そして残念ながら、雄は観察できませんでした・・・

170209Dark-rumped Rosefinch(チャゴシマシコ)02


Crimson-browed Finch。

170209Crimson-browed Finch(ベニマユマシコ)01
(ベニマユマシコ)

高標高域で1度だけ観察できました。

思ったより地味・・・(汗


次は、Scarlet Finch。

170209Scarlet Finch(シュイロマシコ)01
(シュイロマシコ)

この赤い色が目に入った時はやはり嬉しいもの。

高標高域で2〜3回見かけました。やや距離があったので、私はこの写真が精一杯。



最後の種は、Golden-naped Finch。

170209Golden-naped Finch(ズアカクロマシコ)01
(ズアカクロマシコ)


と言っても、枝被りの写真が2枚あるだけですが(汗

170209Golden-naped Finch(ズアカクロマシコ)02


これらFinchは魅力的な赤い鳥・・・というだけでなく、

分布域がヒマラヤ〜中国南部の高標高地に限られる種が多いので、見られるとやはり嬉しいですね。

またこの地域に行くことがあれば、ぜひ狙いたいグループです。

| 野鳥 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/902-bfbfc8dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT