「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birding in North East India 19

Maguri Beelに到着し、シャワーや荷物整理を済ませて夕食。

夕食中、周りから数羽のBrown Hawk-owlの声が聞こえてきます。

食後に少しだけ散歩してみると・・・・街灯の近くで簡単に見つかりました。

170216Brown Hawk Owl(アオバズク)01
(アオバズク)


日本のアオバズクとは声が違います・・・

170216Brown Hawk Owl(アオバズク)02


最終日の朝は、4時過ぎに起床して朝食抜きで出発。

9時までの4時間だけの早朝探鳥。

前半の2時間は草原を歩き、後半の2時間はボートの乗りながら。


まずは宿の前から、Asian Openbill。

170216Asian Openbill(スキハシコウ)02
(スキハシコウ)


そして、いきなりボートに乗り込みます。

乗り込んですぐ、近くの藪から聞こえる声。

出てきたのは、Pallas's Grasshopper Warbler。

170216Pallass Grasshopper Warbler(シベリアセンニュウ)01
(シベリアセンニュウ)

近いうちに、国内でも見たいと思っている種です。


ボートは渡るために使っただけで、すぐに下船。

でも、下船直前に・・・Indian Pond Heron。

170216Indian Pond Heron(インドアカガシラサギ)03
(インドアカガシラサギ)


昨秋、日本では1例目となる記録があった本種ですが、ここインドでは普通種。

170216Indian Pond Heron(インドアカガシラサギ)04


春のこの時期なら美しい夏羽の姿に出会えます。

170216Indian Pond Heron(インドアカガシラサギ)06


船から降りて草原を歩いて行きます。

Striated Grassbird。

170216Striated Grassbird(オニセッカ)01
(オニセッカ)


海外ではあまり低地の湿地で鳥を見ていなかったので、ちょっと新鮮。

170216Striated Grassbird(オニセッカ)02


Striated Grassbirdのような普通種でもライファー・・・

170216Striated Grassbird(オニセッカ)03

やっぱり嬉しいものです。


Yellow Bitternの数は多いようで、あちこちを飛んでいました。

170216Yellow Bittern(ヨシゴイ)02
(ヨシゴイ)


もちろん、とまっている個体も。

170216Yellow Bittern(ヨシゴイ)01


Black Drongoも見られました。

170216Black Drongo(オウチュウ)01
(オウチュウ)


何だか聞いたことのある声・・・と思ったら、Yellow-bellied Prinia。

170216Yellow-bellied Prinia(アオハウチワドリ)01
(アオハウチワドリ)

台湾でも観察しやすい本種、インドでも普通に見られるんですね・・・


たまに上空を通過するLesser Whistling Duck。

170216Lesser Whistling Dusk(リュウキュウガモ)02
(リュウキュウガモ)


これまで出会う機会のなかったBronze-winged Jacana。

170216Bronze-winged Jacana(アジアレンカク)01
(アジアレンカク)


もう少し近くで観察したかったですが、これが精一杯・・・

170216Bronze-winged Jacana(アジアレンカク)03

しかも飛び去る姿^^;


山地でも見たChestnut-tailed Starlingはここでも。

170216Chestnut-tailed Starling(インドコムクドリ)03
(インドコムクドリ)


お次は、Chestnut-capped Babbler。

170216Chestnut-capped Babbler(アカガシラチメドリ)01
(アカガシラチメドリ)


ベトナムまで分布しているので、割と広域に見られる鳥のようですね。

170216Chestnut-capped Babbler(アカガシラチメドリ)02


ただ、なかなか藪から出てこず・・・(汗

170216Chestnut-capped Babbler(アカガシラチメドリ)03

全身を撮影できるまで10分くらいは粘っていた気がします^^;


今日の最後は、この日のターゲットの1種、Jerdon's Babbler。

170216Jerdons Babbler(インドセンニュウチメドリ)01
(インドセンニュウチメドリ)


インド北東部を中心に、ネパールやブータンのごく限られた地域にしか生息していません。

170216Jerdons Babbler(インドセンニュウチメドリ)02


この辺りの固有種と言っても良いくらい。

170216Jerdons Babbler(インドセンニュウチメドリ)03

もっと藪から出てこない鳥だと思っていましたが、思ったよりバッチリ姿を見られたのは嬉しい誤算。



次回は・・・(だいたい)ボートからの探鳥です。

そしてようやく、長かったインド探鳥記も最終回になりそうです。

| 野鳥 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/906-46341cb3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT