「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5/21-22 舳倉島など

5/21-22。

この週末は1泊で舳倉島へ。

水場に居着いていたコルリ雄。

170222コルリ
(Siberian Blue Robin)

1sでしょうね。


海岸ではチュウサギ。

170222チュウサギ
(Intermediate Egret)


警戒心が強く、なかなか全身を見せてくれないカラスバトですが・・・

170222カラスバト1
(Japanese Wood Pigeon)

この時期になると、姿を見せることが多くなります。


鳥は決して多くなく、のんびり鳥見していたのですが・・・

22日の昼頃になって、この鳥が見つかったという話が。

170222ヨタカ1
(Grey Nightjar)

ヨタカです。


以前、日中に見たのは20年以上前でしょうか・・・

170222ヨタカ2

目線より低い位置、しかも人通りの割と多い場所で堂々と寝ていました・・・


たまに、起きて体の向きを変えたりしてました。

170222ヨタカ3


しかし、動かないと気付かないものですね(汗

170222ヨタカ4

ヨタカの仲間は好きなので、見られるとやっぱり嬉しいです。


この時は関東から友人が来ていて、車で一緒に金沢へ戻ったのですが・・・

せっかくだからと立ち寄った河北潟の近くで、畦の陰にアオサギの頭・・・?

だけどなんかシルエットが変・・・って、やっぱりムラサキサギ!

170222ムラサキサギ
(Purple Heron)

ムラサキサギでも、地元で自力発見できると嬉しいものです。


あと、水田の一角でこんな光景が。

170222ケリ
(Grey-headed Lapwing)

分かるでしょうか?

水田は田植え直後なのですが、その真ん中にケリの巣があり、親が抱卵中なのです。

おそらく農家さんが田植え作業中にケリの営巣に気付いて、わざわざ残してくれたのでしょう。

そのまま機械で巣を潰して植えてしまっていたら、生き残れなかった命。

もちろん農家の方にとっては迷惑だと思いますが、こんな気遣いをしてくださる方もいるんだな・・・と心が温かくなりました。



FN(2016.5.21-22 舳倉島、河北潟周辺)
カラスバト、キジバト、シロエリオオハム、オオミズナギドリ、ヒメウ、ウミウ、アマサギ、アオサギ、ムラサキサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、ツツドリ、ヨタカ、アマツバメ、ケリ、ダイゼン、ウミネコ、ハチクマ、トビ、コノハズク、ブッポウソウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、オオヨシキリ、コヨシキリ、マミチャジナイ、ノゴマ、コルリ、エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、ムギマキ、オオルリ、ニュウナイスズメ、ハクセキレイ、ビンズイ、カワラヒワ、マヒワ、シメ、イカル、アオジ 計52種

5月も後半になると、やはり条件に恵まれないと観察種数は少なくなりますね。

| 野鳥 | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/909-1cba849e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT