「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

5/28-29 舳倉島

5/28-29も・・・1泊で舳倉島(汗

もう悪い病気ですね。。


数日前から滞在していたこの鳥が人気でした・・・

170224イワミセキレイ
(Forest Wagtail)

イワミセキレイ。


ノゴマ雄。

170224ノゴマ1
(Siberian Rubythroat)


こちらは雌。

170224ノゴマ2

ちょっとだけ喉に赤い斑がありますね。


カワラヒワ。

170224カワラヒワ
(Oriental Greenfinch)


前の週に引き続き、あちこちでカラスバトを見かけます。

170224カラスバト 2
(Japanese Wood Pigeon)


決して愛想は良くないですが・・・チゴモズの姿も。

170224チゴモズ
(Tiger Shrike)


夕方、桜の木にはツグミ類が実を食べに来ていました。

170224マミジロ
(Siberian Thrush)

マミジロ雌。


早朝、宿の目の前の草地から、マキノセンニュウの声が聞こえてきます。

じっと探すと・・・

170224マキノセンニュウ1
(Lanceolated Warbler)

どうにか見つけられました。


しかし、藪の中で囀っていて目立つ場所には出てきません^^;

170224マキノセンニュウ3


これが精一杯。

170224マキノセンニュウ2


エゾムシクイ。

170224エゾムシクイ
(Sakhalin Leaf Warbler)


この時の島では、知人との間で「港の近くで囀っているツグミ類の声は何か?」と話題になりました。

色々調べて見ると、どうやらカラアカハラの声が一番近そう。

ただ、ちょっと遠いマツの茂みで囀っているようで、なかなか見つかりません。

それでも、知人と一緒に探していると・・・見つかりました。

170224カラアカハラ
(Grey-backed Thrush)

ちょっと遠いので画像が不鮮明ですが、分かるでしょうか?

姿を見るまで確信が持てませんでしたが、本当にカラアカハラが囀ってました・・・

個人的には、この時の舳倉で一番の発見はこのカラアカハラでした^^;


この時に録音したカラアカハラの囀りはこちら。









ノイズがうるさめなのはご容赦下さい・・・

これが2016年春シーズン最後の舳倉になりました。



FN(2016.5.28-29 舳倉島)
カルガモ、カラスバト、キジバト、アオバト、ウミウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ホトトギス、ツツドリ、カッコウ、アマツバメ、コチドリ、メダイチドリ、キアシシギ、ウミネコ、ハチクマ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ヤイロチョウ(s)、サンコウチョウ、チゴモズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、キマユムシクイ、オオムシクイ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、マキノセンニュウ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、オオヨシキリ、コヨシキリ、コムクドリ、マミジロ、カラアカハラ、マミチャジナイ、アカハラ、ノゴマ、エゾビタキ、サメビタキ、コサメビタキ、キビタキ、ムギマキ、イワミセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ 計59種


声を聞いただけですが、ヤイロチョウの気配を感じられたのが実は嬉しかった・・・


あと、オマケで植物も。

海岸に多く生えているハマエンドウ。

170224ハマエンドウ


歩いていても、その香りがしてくるアサツキ。

170224アサツキ


どちらも、島でなくても見られる海浜植物ですね。

170224アサツキ2

アサツキは今度、ちょっと食べてみようかな・・・

| 野鳥 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/910-e31af612

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT