「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 04

今回も12/29の続き。

Shinharajaへと移動し、荷物を部屋に入れて昼食を食べた後、午後の探鳥開始。

歩き始めてすぐに、Dark-fronted Babbler。

171029Dark-fronted Babbler(ズグロインドチメドリ)01
(ズグロインドチメドリ)

固有種ではありませんが、インド南西部とスリランカに分布が限られています。

あまり藪から出てきません・・・


Pale-billed Flowerpeckerはここでも。

171029Pale-billed Flowerpecker(アカハシハナドリ)02
(アカハシハナドリ)

個体数は多いようです。


続いて・・・Legge's Flowerpecker(White-throated Flowerpecker)。

171029Legges Flowerpecker(セイロンハナドリ)01
(セイロンハナドリ)

スリランカ固有種、5種目。

スリランカでも南西部に多いようで、今回の旅でもShinharaja周辺以外では見かけませんでした。


次は・・・Velvet-fronted Nuthatch。

171029Velvet-fronted Nuthatch(ビロウドゴジュウカラ)01
(ビロウドゴジュウカラ)

東南アジアでも見られる広域分布種ですが、私はこれまで見たことがなく・・・

美しい鳥ですが、一瞬で去ってしまいました(泣


そして気付けば、バードウェーブ。

複数のAshy-headed Laughingthrush。

171029Ashy-headed Laughingthrush(セイロンガビチョウ)01
(セイロンガビチョウ)

藪から藪へと次々と移動していくので、目立つところに出る時間も短く・・・数は多いのですが、案外撮影が難しい。

これもスリランカ固有種です。6種目。

この種もLegge's Flowerpeckerと同様、スリランカでも南西部に分布が偏るため、Shinharaja以外では見かけませんでした。


そして・・・固有種の中でも派手で見たい鳥だった、Red-faced Malkoha!

171029Red-faced Malkoha(アカガオバンケンモドキ)01
(アカガオバンケンモドキ)

Malkohaの仲間らしく、簡単には抜けたところには出てきてくれません(汗

見えてはいるのですが、こんな写真の量産でした・・・

固有種7種目。これもShinharajaで見ておくべき鳥の1種です。


スターバードが続きます。

Malabar Trogon!

171029Malabar Trogon(インドキヌバネドリ)01
(インドキヌバネドリ)

スリランカ以外にはインドにも生息していますが、分布は局所的。

ここでぜひ見ておきたい鳥でした。

胸の白帯が美しい・・・

しかし、バードウェーブに混じっていたため、少し撮影した後は他の鳥に気を取られ・・・

気付けばいなくなっていました(泣

振り返れば、今回の旅で撮影できたのはこのワンチャンスのみ。


そして、バードウェーブに夢中になっていると、すぐ足元に何か気配が・・・

・・・・憧れのSri Lanka Junglefowl!!!

171029Sri Lanka Junglefowl(セイロンヤケイ)04
(セイロンヤケイ)

まさかこんな簡単に見られるとは・・・しかも警戒心がない!(汗


こっちに向かってきて母衣打ち・・・

171029Sri Lanka Junglefowl(セイロンヤケイ)02

ちょっと近すぎます・・・


雌も一緒に。

171029Sri Lanka Junglefowl(セイロンヤケイ)01

雄の美しさのあまり、雌をあまり撮っていなかったことに今さら後悔(泣


にしても、このニワトリ(失礼)離れした風貌に美しさ。

171029Sri Lanka Junglefowl(セイロンヤケイ)03

痺れました。。

この鳥も、もちろんスリランカ固有種、8種目。


セイロンヤケイの感動に浸っていると、ガイドが「別のガイドがセレンディブコノハズクを見つけたらしい」と。

今回、見られるかどうか・・・と心配していた種。すぐに現地に向かいます。

歩道から外れて藪漕ぎすること10分ほど。

狭いスペースからしか見られないので、1人ずつ順番に見ることに。

・・・Serendib Scops Owl!

171029Serendib Scops Owl(セレンディブコノハズク)01
(セレンディブコノハズク)

ひどい葉被りでしたが・・・見られただけでも嬉しくて(汗

この鳥もスリランカ固有種。9種目です。


この後、1時間以上かけてSri Lanka Thrushを探すも、見られたのは影だけ。

これにてこの日の探鳥は終了。

初日から十分な成果に一同で乾杯。


ちなみに他にも固有種は見ているのですが・・・

写真がイマイチなものは、割としっかり撮れた後日に紹介することにしてます^^;

| 野鳥 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/984-0fd24f50

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT