「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

12/29-1/3 Birding in Sri Lanka 14

1/1。

この公園ではまだ1種、ターゲットがいるので探します・・・

Indian Pittaと同じ林床を歩いていたForest Wagtail。

171203Forest Wagtail(イワミセキレイ)
(イワミセキレイ)

日本でも稀に見られますが、ここでは普通に越冬しているようで・・・

やや暗い林床を歩いている姿を何度か見かけました。


Great Tit。

171203Cinereous Tit(シジュウカラ)01
(シジュウカラ)

日本でもお馴染みのシジュウカラですが・・・亜種が多すぎて・・・(汗

分類によっては、別種にされることもありそうですね。


Common Tailerbird。

171203Common Tailorbird(オナガサイホウチョウ)02
(オナガサイホウチョウ)


こちらも広域分布の普通種。

171203Common Tailorbird(オナガサイホウチョウ)01

図鑑写真も。


低地でも見ていた、Pale-billed Flowerpecker。

171203Pale-billed Flowerpecker(アカハシハナドリ)03
(アカハシハナドリ)


相変わらず愛想の良い、Brown-breasted Flycatcher。

171203Brown-breasted Flycatcher(チャムネサメビタキ)05

(チャムネサメビタキ)


Indian Pond Heronも水路には普通にいました。

171203Indian Pond Heron(インドアカガシラサギ)
(インドアカガシラサギ)

低地の鳥だと思っていましたが、高地でもいるんですね・・・


と、目的の鳥と思われる鳥影は見たモノの・・・確信が持てず。

次の場所へ移動することに。

鳥影の少ない森の中を歩きます。


既に午前に見ていたDull Blue Flycatcherですが、今回は低い位置に。

171203Dull Blue Flycatcher(セイロンヒタキ)02
(セイロンヒタキ)

しかしやっぱり渋い色。


1時間以上歩いて探すも・・・大きな成果はなく。

そろそろ戻ろうかと話していた時。

Crimson-backed Flameback!

171203Crimson-backed Flameback1

嬉しい固有種追加。28種目。

Crimson-backed Flamebackは低地でも高地でもいるのですが、キツツキの仲間は運の要素も必要なので・・・

ここで見られてひと安心。


そしてまた公園に戻り、狙いの鳥を探します・・・

Sri Lanka White-eye。

171203Sri Lanka White-eye(セイロンメジロ)01
(セイロンメジロ)

ここでハズしてはいけない固有種。27種目。


実は午前にも何度か見ていましたが、夕方になってようやく写真が撮れました。

171203Sri Lanka White-eye(セイロンメジロ)02


あちこちにいるHouse Sparrow。

171203House Sparrow(イエスズメ)
(イエスズメ)


Purple Sunbirdの姿も。

171203Purple Sunbird(ムラサキタイヨウチョウ)02
(ムラサキタイヨウチョウ)

こちらも広域分布種。


結局、狙っていた鳥・・・Kashmir Flycatcher(カシミールオジロビタキ)をハッキリと見ることは叶いませんでした。

Nuwara Eliyaでの時間はあと約半日。高地でハズせない固有種もまだいくつかいます・・・

続きはまた次回にでも。

| 野鳥 | 23:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sky296.blog106.fc2.com/tb.php/995-a96eabf7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT