「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

鳳凰三山

八ヶ岳に登った翌週の8/25-26。

今年最後の夏山登山は、南アルプスの鳳凰三山でした。


金曜の仕事後、韮崎まで走って友人と合流、韮崎泊。

翌朝は青木鉱泉まで車で移動。


図面を見ると、青木鉱泉から中道コースを通って、薬師岳山頂までの標高差は1,700m(汗

おそらく、一日にこれだけの標高を直登するのは初めてです。。

予定のコースタイムは5時間20分。。

どれだけ体力を消耗するのか、未体験ゾーンです(汗



中道コースの登山口が分からず、スタートしたのは6:30。

途中に立ち止まるような景色の良いところも無く、花も少ない樹林下の尾根をひたすら登ります。

登っている時に撮ったのは、休憩した場所に生えていたキノコだけ^^;

121019キノコA

茎とひだと傘でくっきり色が分かれたオシャレきのこ。

ちょっと食べてみたい衝動に・・・(汗


一心不乱に登ること5時間。

121019薬師岳山頂

11:30、薬師岳に登頂です。


とりあえず、宿泊する薬師岳小屋に荷物を置いて昼食。

まだ夕方まで時間があるので、この日は観音岳まで往復して、花の撮影に没頭しました^^;


翌朝・・・快晴。

日の出前に薬師岳山頂へ行き、ご来光を見て・・・

121019富士山1

朝焼けの富士が美しかった!!


薬師岳山頂からの眺望。

121019薬師岳からの眺望

これだから・・・山はやめられません。。


富士と登山客。

121019富士山2


薬師山頂から、白根三山。

121019薬師岳からの眺望2


薬師岳へ続く稜線と富士。

121019稜線と富士


前週に登った・・・八ヶ岳。

121019八ヶ岳連峰


観音岳山頂からの眺望。

121019観音岳からの眺望2

仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、地蔵岳、八ヶ岳も見えています。

彼方には、北アルプスの山々も見えているのですが・・・この写真だと苦しいですね^^;


地蔵岳と八ヶ岳。

121019地蔵岳と八ヶ岳


まるでオーラを放っているように、雲が湧いたオベリスク。

121019地蔵岳(オベリスク)


オベリスクと飛行機雲。

121019地蔵岳と飛行機

タイミング良く飛んでくれました^^;


下山はドンドコ沢コース。

途中で立ち寄った五色滝。

121019五色滝

落差の大きい、美しい滝でした。


天候に恵まれたのが、何より良かったです。

目的の花も見られたので、その報告は次回以降に!

| 風景 | 21:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白馬岳山行

8/2~4。

白山に登った翌週は、白馬岳へ行ってきました。

昨年
は猿倉から登り、村営宿舎のテン場泊、小蓮華経由で栂池へ下りる1泊の山行。


今年はと言うと・・・

知人の計画に便乗する形だったのですが、高山植物満載の素晴らしいコース!

毎日10㌔超のロングトレイルはさすがに疲れましたが、天候にも恵まれ、最高の山行でした!!


8/2:蓮華温泉→白馬大池→小蓮華山頂→三国境→白馬岳山頂→白馬頂上山荘泊

8/3:白馬頂上山荘→白馬岳山頂→三国境→雪倉岳山頂→水平道分岐→朝日岳山頂→朝日小屋泊

8/4:朝日小屋→朝日岳山頂→五輪尾根→白高地沢出合→蓮華温泉


今日は景色をペタペタ。

それはそれは絶景でした・・・


白馬頂上山荘から見る夕暮れの旭岳。

山頂から旭岳


白馬岳山頂からの風景(日の出前)

山頂から3

色付く雲、そして月が綺麗でした。



白馬岳山頂からの風景(日の出直後)

山頂から1

朝日を受けて、山が徐々に赤く染まっていきます。

月の真下に黒く見えている三角形は、白馬岳の影です。


白馬岳山頂直下から山頂方向。

白馬山頂を下る

今回はこの写真に写っている3人と、4人での山行でした。


三国境からの大パノラマ。

三国境から2

中央の稜線が雪倉岳・朝日岳方面、右側の稜線が小蓮華岳方面。

遙か彼方に、この日の目的地の朝日小屋が見えます(笑


雪倉岳へ向かう稜線上から見る、白馬岳の稜線。

稜線から3


雪倉岳山頂。

雪倉岳山頂


雪倉岳山頂から、歩いてきた道を・・・

雪倉岳から3



朝日小屋から見る、夕景の白馬岳。

朝日小屋から3

左のなだらかな山が雪倉岳です。

ピンク色の空と雪渓のコントラストが、綺麗でした。


朝日小屋から見る、白馬岳と星空。

朝日小屋から4

この日は月がピーカンだったので、星があんまり見えません・・・(汗

稜線の雪渓が一部明るく見えるのは、月明かりに照らされているためです^^;


朝日小屋と月。

朝日小屋

手前の影は、朝日岳です。

ここの山小屋は、食事がすごく美味しくて良かった!



最後に・・・朝日岳山頂から、戸隠方面。

朝日岳から3

ド逆光でしたが、太陽もご一緒に(笑


素晴らしく景色を堪能できた山行でした。


・・・また、次回からは花々を紹介しにかかります^^;

| 風景 | 21:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白山のお花畑

今日でようやく、7月の白山の紹介は最後。


お花畑の風景を。


甚之助~南竜ヶ馬場間のお花畑。

120903砂防新道1


こちらは展望歩道のアルプス展望台付近。

120903アルプス展望台2

カライトソウやシモツケソウが多く、見応えがあります。


朝日を受けて、色濃いお花畑に見えますね。

120903アルプス展望台1



最後は・・・観光新道のお花畑。

120903観光新道1

上記2箇所よりも広く、花の種数も多くて・・・


しばらく滞在しましたが、見ていて飽きません。

120903観光新道3


ちょうど見頃の時期だったようで、歩いていて、ホントに楽しかったです!

120903観光新道2



久々の白山でしたが、楽しかったです。

これからは、できることなら毎年1度は登りたい山です。


今年はもう一回くらい登りたいのですが・・・行けるとしたら、紅葉の時期でしょうか^^;

| 風景 | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白山登山

やや1ヶ月の遅れが出てきましたが・・・(汗

地道にアップしていきます。


7/28-29。

石川県の名峰、白山に登ってきました。

私が以前に御前峰の山頂に立ったのは、確か小学校低学年の頃・・・(汗

ということは、登頂は約20年ぶり(笑

120823山頂

これから、この山とは長い付き合いになりそうです。


今回は、山小屋が一杯だったので・・・買ったばかりのテントを使用。

120823テント

色々と検討した結果、購入したのはプロモンテのVL34。

なかなか、使い勝手は良さそうです。


南竜と別山。

120823南竜と別山


室堂と別山。

120823室堂と別山


翠ヶ池。

120823翠ヶ池


ピーク時期だったこともあり、登山道は人で溢れていました。

しかし、それだけ良い山でもありました。


ということで、また次回からは見られた花々を紹介していきます^^;


(行程)

28日:別当出合→砂防新道→南竜ヶ馬場(テント泊)

29日:南竜ヶ馬場→展望歩道→室堂→お池巡り→御前峰山頂→室堂→観光新道→別当出合

| 風景 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7/14-16 北岳登山

7月14-16の3連休。

北海道時代からの憧れの山、北岳に登ってきました。

今回歩いたコースは、以下のとおり。


14日:広河原→大樺沢→二俣→白根御池小屋泊

15日:白根御池小屋→二俣→左俣コース→八本歯のコル→トラバース道→北岳山荘→中白根山→北岳山荘泊

16日:北岳山荘→北岳山頂→肩の小屋→草スベリ→白根御池小屋→広河原


入山の14日は、東京からの知人と合流するために出発がお昼前。

なので、無理せず御池小屋で1泊しました。

翌日は間ノ岳まで縦走の予定でしたが・・・

トラバース道のお花畑で時間を使ってしまったことに加えて、

稜線上があまりの強風とガスで歩くのが辛かったので、中白根で引き返すことに。


3日目も強風とガスで天候は悪かったのですが、肩の小屋に着いた頃になって、急にガスが無くなって快晴に。。

しかし時既に遅し、我々には下山の選択肢しかありませんでした・・・



白根御池小屋。

120808白根御池山荘
(横2枚パノラマ合成)

小屋は新しくとても綺麗で、トイレも綺麗。

また機会があれば泊まりたいと思うほどの小屋でした。


御池はテン場も良さそう。

120808御池テン場1


左俣コースの雪渓上部。

120808雪渓1

早朝の雪渓登りはツルツルで、想像以上に疲れました・・・

軽アイゼン必須です。。



北岳山頂。

120808山頂

風上に向かうと息を吸うのがしんどいくらいの、ひどい強風に吹き付けられながらの稜線歩きでした。



北岳山荘を撮り忘れましたが・・・(汗

こちらは肩の小屋。

120808肩の小屋

この辺りから、急に晴れてきました。


おかげで、富士山も見えてきて・・・

120808富士山1


歩いてきた登山道も青空!

120808登山道2


小太郎尾根方面の眺望。

120808小太郎尾根


草スベリ下部から見る鳳凰三山。

120808鳳凰三山

この山も、近い将来に登りたい山です。


今回の北岳については、とにかく風が強くて、花を探すのも容易ではありませんでした・・・

目的の花も見つけられず、不完全燃焼。

また来年以降、必ずやリベンジに行こうと思います!


しかし不完全燃焼でも、さすがは国内有数の花の名山。

そこそこの枚数の花の写真も撮れたので、今回見られた花の紹介は次回以降に・・・^^;

| 風景 | 23:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

谷川岳

カメラの滑落はあったものの・・・

谷川岳は良い山でした!


谷川岳s
(トマの耳から谷川岳山頂、横2枚パノラマ合成)


到着した時は、山頂付近はガスガス。

谷川岳5
(山頂から見たトマの耳)

ちょっと晴れた!と思ってもこの程度。


しかし、少しずつ雲が減り・・・

谷川岳3s
(山頂から尾瀬方向、横3枚パノラマ合成)

至仏山、燧ヶ岳もバッチリ見えてます。


気持ちのいい稜線散歩。

谷川岳4

稜線上を奥に向かって歩いているのは、一緒に登ってくれたメンバーです^^;

私はいつも通り、花を撮影しているうちに置いてけぼり(笑


雲が少しかかっていても・・・それもまた良い感じ。

谷川岳2s
(横2枚パノラマ合成)

花は、思っていたよりも少なかったんですけどね^^;

早朝出発で登った甲斐がありました!

| 風景 | 23:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三宅島

5/26~27。

三宅島


昨年、企画したものの台風2号に阻まれた三宅島での鳥見。

今年、同じようなタイミングで台風2号が発生して焦りましたが・・・

今年は無事に行って来れました!


1泊2日、島の滞在時間は約26時間と強行なスケジュールでしたが、楽しかったです!


森の中の鳥たちの声。









低くて聞きづらいですが、音量を上げるとカラスバトの声も入ってます^^;


今日はFNを。

今回は見たい鳥を見ることに集中してゆっくり見て回れなかったので、また色々な場所を見て回りたい島でした。

FN (2012.5.26-27 三宅島(航路含む))

オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、オーストンウミツバメ、ウミウ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、トビ、ウミネコ、カンムリウミスズメ、カラスバト、キジバト、ツツドリ(c)、ホトトギス(c)、アオバズク(c)、アマツバメ、(ミヤケ)コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、(モスケ)ミソサザイ、(タネ)コマドリ、イソヒヨドリ、アカコッコ、ウグイス、ウチヤマセンニュウ、オオヨシキリ、イイジマムシクイ、(オーストン)ヤマガラ、シジュウカラ、(シチトウ)メジロ、ホオジロ、アオジ(c)、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス 計39種

| 風景 | 23:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4/20。

休日出勤の振替でお休みを頂けたので、能登半島をぶらっと回ってきました。

その途中で立ち寄った公園。

120422桜1

まだまだと思っていた桜が、良い感じに咲いてました!


満開の時も良いのですが、私はこれくらい(きっと8~9分咲き)の頃の方が、花が新鮮な感じがして好きです。

120422桜2

どの花も生き生きとしています。


能登の海を背景に・・・

120422桜3

もう少し良い配置で桜があれば良かったのですが、どう頑張ってもこんな感じに(泣


桜で画面を埋めてみました^^;

120422桜4


能登路を走っていると、桜が数多く目にとまりました。

それだけ、これまでに数多く植えられてきたんですね。


穏やかな晴天の下、良いドライブになりました♪

| 風景 | 21:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

伊豆沼

先月は、宮城へガンを見に行きました。

夜通し運転して、伊豆沼に着いたのは朝の6時。

120311伊豆沼1

それまでガスっていたのですが、ガスも少しずつ晴れてきて、空がいい感じの色に!


あとは塒立ちを待つだけ・・・だったのですが。

120311伊豆沼2

8時まで待ってみたものの、飛び立つ気配がありません。。


この日の最低気温や約-10℃。

120311伊豆沼3

どうやら、寒すぎたようです・・・


それでも、一度行ってみたいと思っていたので、行けて良かった!!

また来シーズンも、見に来れると良いのですが^^;

≫ Read More

| 風景 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九州遠征

1/4。

1/3までの北海道での鳥見の旅程を無事に消化して、この日は移動日でした。

朝8時千歳発の飛行機で羽田へ向かい、家には寄らずにそのまますぐに乗り継いで、お昼には熊本へ!

・・・着く予定でした(汗


しかし!!

直前キャンセルのお客さんがいたとかなんとかで、出発が15分程度遅れ・・・

羽田で乗り継ぐ予定だった便に乗り継げなくなり・・・

そんなお客や航空会社の勝手な理由で乗り継ぎができなくなったにも関わらず、ANAの説明は

「ANA便は次は15時発になるので、そちらにして頂くしかないです・・・」


んなアホな。。。

それじゃ何のために熊本便にしたか分からないし・・・
(潮の満ち引きから、この日の夕方は熊本で鳥見するつもりだった&夜には諫早に移動する予定だった)

しかも、わざわざ5時起きで札幌を発ったのかわからない。。

と、色々とゴネていたら、

「伊丹乗り継ぎでなら、予定よりは遅くなってしまいますが、14時に熊本に着く便があります」

と折衷案。

それなら、一応2~3時間熊本で鳥見れるし、目的の時間(満潮の1時間前)には球磨川にも着けるし。

仕方ないので、了解。


しかし、天候や災害ではなく、他の客の都合や航空会社の都合で乗り継げなくなったのに、

平気でその遅れを他の客に押しつける、ANAの態度にはちょっと呆れてしまいました。。

遊びとはいえ、少ない休日を有効に使おうと、こちらがどれだけ時間と金をかけて計画を立てていると思っているのか。

こういう、相手側の勝手な予定変更を一方的に押しつけられるのが嫌いな私です。。

天候が理由ならどうしようもないので、すぐ諦めるんですけどね・・・


120124夕景@鹿児島
(鹿児島での夕景)


120124夕景@鹿児島2
(同上)

と、グチばっかり言ってても仕方がありませんね^^;

結局、その日の夕方も無事に目的の鳥を見られ、夜には満足して長崎に移動できたので良かったです^^;

と言うことで、九州のFNを。

冬の九州、小鳥は少なかったですが、楽しかったです!


FN(2012.1.4-8 熊本~長崎~鹿児島)
カイツブリ,ハジロカイツブリ,カンムリカイツブリ,カワウ,ダイサギ,チュウサギ,コサギ,アオサギ,ナベコウ,ヘラサギ,クロツラヘラサギ,ツクシガモ,オシドリ,マガモ,カルガモ,コガモ,トモエガモ,ヨシガモ,オカヨシガモ,ヒドリガモ,アメリカヒドリ,オナガガモ,ハシビロガモ,ホシハジロ,スズガモ,ウミアイサ,カワアイサ,ミサゴ,トビ,ハイタカ,ノスリ,カラフトワシ,ハイイロチュウヒ,ハヤブサ,コチョウゲンボウ,チョウゲンボウ,クロヅル,ナベヅル,カナダヅル,マナヅル,バン,オオバン,ダイゼン,タゲリ,ハマシギ,クサシギ,イソシギ,ダイシャクシギ,チュウシャクシギ,タシギ,オオズグロカモメ,ユリカモメ,セグロカモメ,カモメ,ウミネコ,キジバト,カワセミ,コゲラ,ヒバリ,ツバメ,キセキレイ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,ムネアカタヒバリ,タヒバリ,ヒヨドリ,モズ,ジョウビタキ,シロハラ,ツグミ,ウグイス,エナガ,シジュウカラ,ホオジロ,カシラダカ,オオジュリン,カワラヒワ,ニュウナイスズメ,スズメ,ムクドリ,コクマルガラス,ミヤマガラス,ハシボソガラス,ハシブトガラス 計84種

| 風景 | 23:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT