「 空 」

鳥に花に動物に・・・・・自然に魅せられた管理人の、日々の観察記録です。

≫ EDIT

3/26 春山散策

3/26。

毎年この時期になると、スプリングエフェメラルを求めて、近場の低山に出かけるのが恒例に。

(もう予定日を過ぎた)妊娠中だった妻も、この日はちょっと散歩にと、一緒に出かけました。


沢沿いでは、ミソサザイが賑やかに囀っています。

ミソサザイ
(Eurasian Wren)


少し歩いたところで、斜面からヤマドリの母衣打ちが聞こえてきます。

そっと斜面の下の方を覗いてみると・・・

ヤマドリ1
(Copper Pheasant)

写真はアレですが、美しい姿を拝むことができました・・・


ここからは植物を。

ネコノメソウ。

ネコノメソウ


ホクリクネコノメソウ。

ホクリクネコノメソウ


エンレイソウ。

エンレイソウ


オウレンは終盤。

オウレン


思いのほかたくさんあったコチャルメルソウ。

コチャルメルソウ1


花のアップ。

コチャルメルソウ3

面白い形です・・・しばらく座りこんで見てました^^;


午後は、午前の探鳥会で見られたらしいハシジロアビを探しに・・・・海へ。

遙か彼方に、その鳥はいました。

これまで縁が無く、何度もハズしてきた本種。

ものすごく遠かったですが、あのゴツイ嘴はしっかり目に焼き付けました。

カメラを持たずにスコープで探していたので、写真もありません・・・(汗

それでも、記憶に残るライファーとなりました。

≫ Read More

| 野鳥 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

交雑モズなど

3/20。

こんなモズを見に出かけてきました・・・

セアカモズ交雑3

一見、セアカモズの様に見える個体。


私は良い写真を撮れませんでしたが、尾羽の白斑がセアカにしては弱い・・・

セアカモズ交雑4
(Possible Red-backed Shrike × Brown Shrike Hybrid)

セアカモズとアカモズの交雑個体の可能性が高いようです。


国内で、確実なセアカモズの記録ってあるんでしょうか・・・

セアカモズ交雑1


セアカモズもいつかどこかで見てみたいです。

セアカモズ交雑2

しかし、日本に稀に飛来するこのタイプの交雑と思われる個体群も、こればかり来ると言うことは、

それなりの個体数がいるのでしょうね・・・どこから飛来しているのか、ちょっと気になります。


あと、ハチジョウツグミ・・・?も。

ハチジョウツグミ?1
(Dusky Thrush(Naumann's Thrush))



喉の黒斑や、胸や腹に灰色が混じるのが気になりますが、こんな個体もいるものなのでしょうか。

ハチジョウツグミ?2

それとも、亜種ツグミとの交雑個体なのでしょうか・・・


鳥の交雑について考えるのは楽しいのですが、答えを導き出すのは非常に難しいです・・・

| 野鳥 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3/18,19

3/18、19と近場での探鳥。

繁殖シーズンが近づくにつれ、鳥たちの羽衣の変化が顕著になってきます。


オオジュリン。

180204オオジュリン
(Common Reed Bunting)

もう随分と頭が黒くなった個体。


こちらはもうほとんど夏羽に・・・

タゲリ。

180204タゲリ
(Northern Lapwing)



分かりづらいですが、コガモ雌も生殖羽へ換羽しています。

180204コガモ
(Eurasian Teal)


あと、春の渡りを感じさせる・・・ハクセキレイ。

180204ホオジロハクセキレイ?
(White Wagtail)

微妙な過眼線が気になりますが、亜種ホオジロハクセキレイ雄。

離島ではよく見かけるとは言え、本土で見かける機会は少ないです。

| 野鳥 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT